NEW POST

記憶の習作


で、『建築学概論』なんですけども。
個人的に2013年を代表する映画はコレに決まりです。
母と映画の感想を言い合いながら、中村屋でカレーを食べて、伊勢丹で買い物して帰ったのも楽しかった。
『建築学概論』をいろどるすべてがいとおしい。

展覧会というグループの『記憶の習作』というCDが映画で大切な役割をしているんですが、これを聴くだけで映画の登場人物たちとともに、実際にはなかった記憶がキラキラせつなく蘇る!
まだ観ていなくて到底観る気がしないという方はこのミュージックビデオを、ぜひ観たいという方は余計な動画は観ずに本編を観ることをつよくおすすめします。
つべこべ言わずに観ろ!『建築学概論』!もうかかってるところないけどな!

[PR]
by chimakibora | 2013-09-17 00:16 | 観る・聴く